木菜米ルと野菜と米…ファーム

無農薬栽培と慣行栽培の違い!!

無農薬栽培の紹介!!

 

こんにちは、木菜米ルと野菜と米…ファームの諸井です。

今回は農業界でよく聞く、【無農薬栽培と慣行栽培】について

又、一般的な慣行栽培との違いについて、ご紹介したいと思います。

 

 

無農薬栽培とは?

 無農薬野菜

 

無農薬栽培と聞くと、皆さんはどのようなイメージが湧きますか?

農薬を一切使用せず安心安全な健康野菜のイメージだと思います。

無農薬とは、農林水産省が定めたガイドラインに沿って栽培されてる農産物を指します。

逆に、ガイドラインのルール内なら農薬を使っても問題ないことを指します。

世の中、おんなじ人が一人もいないように、無農薬栽培でも各農家によって全然違います。

農薬を使用していなくても、堆肥を使って栽培している農家さんがいれば、堆肥は使用しないが、肥料を使って栽培している農家さんもいたり、両方使って栽培している農家さんだっています。

その違いに加え栽培されてる土地にあった野菜や気候の特徴など様々な物を掛け合わせ作られているので、無農薬栽培でも十人十色だと思っております。

 

農林水産省特別栽培農産物ガイドライン

 

 

木菜米ルと野菜と米…ファームの無農薬栽培の仕方は?

 

キノコの菌床

 

当農園では【炭素循環農法】とゆう栽培方法で野菜を育てております。

農薬や肥料も使わない栽培方法になります。

肥料の3大要素、窒素、リン酸、カリを作物に与える方法ではなく、ワラや竹チップ、キノコの菌床などの炭素資材を表面上だけ混ぜ、土を発酵させます。

すると次第に微生物が増え、そのお返しに作物に栄養を補給してくれます。

窒素などに頼らない栽培の為、えぐみのない自然に沿った作物本来の美味しさになります。

 

 

慣行栽培って何?

 

慣行栽培 ナス

 

慣行栽培とは、農業の主流な栽培方法になります。

スーパーなどに並んでいる野菜も大体が慣行栽培による野菜達です。

一般的には、農薬や化学肥料を使用し、綺麗で美味しく収量増加を求めるやり方です。

肥料にも化成や有機質などありますが、慣行栽培では化成肥料の使用率が高い傾向にあります。

化成肥料は値段も有機肥料に比べ安く、肥料の即効性が高いことから皆さんよく使われております。

食料増産の為、日本では欠かせない栽培です。

 

 

無農薬栽培と慣行栽培どっちがいいの?

 

無農薬野菜 トマト 慣行栽培

 

消費者の立場だと、安心安全な無農薬一択だと思いますが、慣行栽培に比べ野菜の値段は一般価格と比べて、どれも50円以上高かったりと、とてもリーズナブルとは言えない状況です。

価格も高い上に、収量も慣行栽培に比べたら落ちてしまうので、毎日食卓に並べることは、難しいとゆうのが現状ではないでしょうか?

それに比べ一般的な野菜は量も沢山あり、単価も安く、味も不味いと思う様な作物は、昔に比べ減ってきています。

こう聞くと一般的な野菜も捨てた物じゃありません。

私は、両方の栽培方法で野菜を作っていますが、健康面での考えは、自分で栽培している無農薬栽培一択です。

販路や栽培過程での害虫対策が難しく、そこがクリアできれば、もっと無農薬栽培が普及していくと思います。

 

 

無農薬野菜を定期的に各家庭の食卓へ

 

無農薬野菜セット

 

昔は、無農薬野菜を食卓へ定期的に並べる事は難しかったですが、近年その傾向も少しずつ変わり始めています。

SNSが普及し自ら発信する時代になり、それに伴い農業もスマート化や産直ECサイトも増えてきており、無農薬野菜も簡単に、お手元に来るシステムが構築されております。

中には、定期便システムもあり、一定の間隔で無農薬野菜が、お手元に届くことも可能です。

まだネットなどで注文したことが無い人も、この機会に試してみて下さい。

更に生産者と直接やりとりができるので、分からない事や無農薬栽培の詳しい栽培方法も聞けるのでより一層安心感が得られると思います。

また生産者側からしても、その土地で育てた農産物をお客様に直に送れるので、その畑の想いも一緒に消費者様に届けできます。

私は、これ以上ないツールの一つではないかと思っています。

~生命力あふれる新鮮野菜とお米を食卓に~|木菜米ルと野菜と米…ファーム

木菜米ルと野菜と米…ファーム

土と肥料にこだわり抜いた新鮮な野菜と、美味しいお米をお届けする【木菜米ルと野菜と米…ファーム】の通販サイトです。農薬、化学肥料に頼らずに自然の力を最大限生かした瑞々しい野菜は、小さなお子様や妊婦さんにも安心してお召し上がりいただけます。群馬県の美味しい空気と水から育つ、年間50種類の食材を季節の旬にあわせてご提供します。

屋号 木菜米ルと野菜と米…ファーム
住所 〒370-0605 
群馬県邑楽郡邑楽町藤川1070
営業時間 9時~17時
定休日 日曜日
代表者名 諸井 智貴
E-mail info@kinameru-farm.com

コメントは受け付けていません。

特集